FC2ブログ
前回で「力が入っている時」は普段と違う環境、または状態、になっている。と言う話でした。たしかに解ります。「家では弾けるのに、現場では力が入ってうまく弾けない」これはよくあることです。ちょと脱線しますが、以前読んだ本の話です。
あるピアノコンクールで優勝した人のインタビューが書いてあったのですが、その人は「本番は自宅で弾いる感じだったので緊張しなかった」細かな所は忘れてしまったのですが、このような内容だったと思います。
要するに、普段と変わらない環境だと緊張もしないし、力も入らない、(緊張と、力が入る、は一緒の関係にあります)
ですからイメージのトレーニングです。昔からある「ステージに上がったらお客さんは、かぼちゃと思え」は理にかなっています。
力が入りそうな場面でも、普段「力が入っていない」環境を想起して演奏に向かうということです。
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/86-7894e98d