FC2ブログ
ウクレレの左手フォームは意外と難しいです。古典的なフォームは左手人差し指の付け根のところにネックを乗せるフォームです。ウクレレの場合ストラップをしないことが多い為、このようなフォームに成らざる得ないです。右脇でウクレレをある程度固定しても、難しいコードチェンジの時はウクレレ自体が動いてしまうのはやむ終えないでしょう。
人差し指の付け根に乗せるフォームの場合、その人差し指角度が意外と難しいです。要はかなりきつい角度が要求されます。例えば1弦の1フレットを押さえるC7の人差し指の角度は相当きつくなります。ですから、常に「このフォームで」と言う考えではなく。「コードチェンジによっては例外も沢山有る、」と考えましょう。

ただ、ストラップを使えばこの辺の問題は解決されます。


また今度(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/99-0245910a